歯科医院をサポートするWebコンサルティングなら、フリーセルにお任せください

header_info_text
header_info-tel
customer_h2.jpg

スタッフと患者さんとのコミュニケーション

安心感と知識を与える

16086205

治療が始まる前など、患者さんがユニットに座って待っているときに、
患者さんとコミュニケーションをとっていますか?

スタッフがその日の治療の内容や次の治療の準備の間にも
簡単にでいいので患者さんに説明してあげることが大切です。



例えば根治なら、「薬を詰める」とか「歯の土台を作る」、
「技工物作製の為の型を取る」、「レントゲンを撮って現状を調べる」
などの説明をしコミュニケーションをとることで
患者さんの不安を取り除いていくのです。

患者さんがユニットに座って待っている間は
どういうことをされるか不安になるものです。

そうしたちょっとした合間に治療に関連する会話から
少しづつ知識を与え治療内容を理解してもらいましょう。

安心感を与えながらも、知識を与ることができるため
患者さんのデンタルIQの向上に効果が期待できます。

シカコンが無料提供していますe-book「自費診療を増やす8つのポイント」では
3部構成で自費診療を増やしていくうえでのポイントを紹介しています。

自費診療に力を入れていきたいとお考えの医院様は
是非ダウンロードして頂き、
医院の体制づくりやコンサル時のトーク術など、
できることからコツコツと医院を改善しながら、
自費率向上にお役立てください。

自費診療を増やす8つのポイント

【上巻】
スタッフの質向上がもたらす安心感の醸成
コンサルツール活用によるチェアタイム削減
歯医者のブランドイメージの作り方

【中巻】
インフォームドコンセントで外せないポイント
女性患者に聞く素敵な未来トーク
患者さんを知るためのヒアリング術

【下巻】
検討になった患者さんへのアプローチ方法
歯医者に今求められる患者さん視点の持ち方

自費診療を増やす8つのポイントダウンロードはこちらから

Posted by 歯科コン 運営チーム on 2015/02/02 10:00:00

Topics: 自費診療を増やしたい

マンガでわかる歯科医院のWEBサイトリニューアル
e-book01ダウンロード

メルマガ登録はこちら

各種お問い合わせ

お問い合わせフォーム   

セミナーお申し込みフォーム 

無料診断お申し込みフォーム

最近のコラム