歯科医院をサポートするWebコンサルティングなら、フリーセルにお任せください

header_info_text
header_info-tel
customer_h2.jpg

治療計画は患者さんと一緒に

インフォームドコンセントを行う上でのポイント

39368535インフォームドコンセントイメージ

インフォームドコンセントを取り入れている医院様、患者さんとお話しする時には
どのようなことに気をつけていますか?
今回はインフォームドコンセントを行う上でのポイントを紹介します。

治療計画の提案の際には一つだけでなく、複数案提示する。

・一番グレードの高い補綴物を入れるパターン
・少しグレードを下げた補綴物を入れるパターン
・全て保険で対応するパターン

3つほど提示し、患者さんに選んでもらいます。
患者さん自身が選ぶという自発的な行動により納得して治療にのぞんでもらえます。

もちろん全ての治療内容のメリットデメリットはしっかりと伝えたうえで提案を行います。

また、その場で即決はさせずに一端家に持ち帰ってもらい、
家族と相談したり検討する時間を与えることもポイントです。

シカコンが無料提供していますe-book「自費診療を増やす8つのポイント」では
3部構成で自費診療を増やしていくうえでのポイントを紹介しています。

このような患者さんとのコミュニケーションのポイントのほかにも
現役歯科医師と弊社歯科Webコンサルタントが現場で仕入れた知識を
ノウハウとしてまとめています。

是非ダウンロードして頂きお役立てください。


自費診療を増やす8つのポイント

【上巻】
スタッフの質向上がもたらす安心感の醸成
コンサルツール活用によるチェアタイム削減
歯医者のブランドイメージの作り方

【中巻】
インフォームドコンセントで外せないポイント
女性患者に聞く素敵な未来トーク
患者さんを知るためのヒアリング術

【下巻】
検討になった患者さんへのアプローチ方法
歯医者に今求められる患者さん視点の持ち方

自費診療を増やす8つのポイントダウンロードはこちらから

Posted by 歯科コン 運営チーム on 2015/02/09 10:00:00

Topics: 自費診療を増やしたい

マンガでわかる歯科医院のWEBサイトリニューアル
e-book01ダウンロード

メルマガ登録はこちら

各種お問い合わせ

お問い合わせフォーム   

セミナーお申し込みフォーム 

無料診断お申し込みフォーム

最近のコラム