歯科医院をサポートするWebコンサルティングなら、フリーセルにお任せください

header_info_text
header_info-tel
customer_h2.jpg

予防歯科普及における検査、診断、説明のポイント

0150022866o

皆様こんにちは。

約10回にわたり
予防歯科の普及のためのポイントを紹介しています。

今回は以前ご紹介した7つのポイントのうち、
検査、診断、説明についてお伝えしていきます。

まず検査とひと口に言っても色々あります。

  • 口腔内診査(歯式)
  • X線写真撮影検査
  • 口腔内写真撮影検査
  • 歯周病検査(基本・精密)
  • プラークコントロール検査(染め出し)
  • 細菌検査(位相差顕微鏡)
  • 唾液検査(サリバテスト)

などです。

前回お伝えした初診カウンセリング時に
レントゲン写真を見せながら説明される先生が多いのですが、
口腔内写真を使った説明のほうがお勧めです。

なぜなら、患者様に現在の状態を認識していただくことで、
「もっと白く綺麗にしたい!」
「もっと歯並びを良くしたい!」
と自発的に思ってもらえるからです。

写真でご自身の口の中を見てもらうことで客観視ができ、
問題意識を持ってもらいやすくなります。
これが非常に重要です。

歯科のプロである先生方が問題を提起し、
患者さんに気づきを与えて
解決していかなくてはいけません。

ここで、正確に患者さんの

  • 歯の傾き
  • 歯の位置
  • 歯のカタチ
  • 歯肉の炎症
  • プラークの蓄積
  • ブラッシングの癖

を把握していきます。

これらを把握し、患者さんの全体像をつかむことで
次回のカンファレンスに活きてきます。

最初の段階で、定期健診に来ていただくための
動機づけをこちらから積極的に行っていきましょう。

予防に移行するかどうかは
初診、検査のアプローチで決まります。

次回は、カンファレンスについて説明していきます。

Posted by 歯科コンサルチーム on 2015/03/23 12:00:00

Topics: 予防歯科

マンガでわかる歯科医院のWEBサイトリニューアル
e-book01ダウンロード

メルマガ登録はこちら

各種お問い合わせ

お問い合わせフォーム   

セミナーお申し込みフォーム 

無料診断お申し込みフォーム

最近のコラム