歯科医院をサポートするWebコンサルティングなら、フリーセルにお任せください

header_info_text
header_info-tel
customer_h2.jpg

自費診療を増やすためのカンファレンス

275000_8416

皆様こんにちは

約10回にわたり
予防歯科の普及のためのポイントを紹介しています。

第6回目は以前ご紹介した7つのポイントのうち、
カンファレンスについてお伝えしていきます。

カンファレンスとは、集めた情報を複数人でチェックし、
対象の患者に本当に効果的な治療法や治療計画をディスカッションすることで
最適な治療の道筋を導き出すことです。

カンファレンスをせずに、一人だけの知見と判断に頼ると、
治療計画に抜け漏れが生じやすくなってしまいます。
院長先生1人の医院でも衛生士と歯科助手と受付で申し送りはできるので、
できるだけ朝礼などでカンファレンスの場を設けるようにしましょう。

特にドクターの数が多い医院様には
複数のドクターの知見を結集して治療計画を立てることをお勧めします。

ここでもう一つして頂きたいのが
患者さんの性格、願望のカンファレンスです。

その患者さんはどういう性格で何を求めているのか?
これをつかんでいけばこのあとの自費のコンサルや
定期検診への移行の確率も高まります。

ぜひ、これを毎朝の朝礼やミーティングなどで行ってください。

次は、基礎病名コーチングです。

Posted by 歯科コンサルチーム on 2015/05/14 0:00:00

Topics: 予防歯科

マンガでわかる歯科医院のWEBサイトリニューアル
e-book01ダウンロード

メルマガ登録はこちら

各種お問い合わせ

お問い合わせフォーム   

セミナーお申し込みフォーム 

無料診断お申し込みフォーム

最近のコラム