歯科医院をサポートするWebコンサルティングなら、フリーセルにお任せください

header_info_text
header_info-tel
customer_h2.jpg

水の細菌を除去するバイオ・プロテクター

歯科チェアで使用される水は水道水を使用しているが、治療で使用した機材をどんなに消毒し清潔に保っていても、その水道水事態が雑菌の宝庫だとしたらどうでしょうか?

2015年827日(木曜日)の讀賣新聞夕刊にて、管内の消毒処置ができないユニットやチェアの消毒処置を怠ることが原因で、細菌が残留し、増殖したままの水道水を治療時に使用している可能性が掲載されました。

時間が経過し塩素が抜けた水の中には細菌が増えることによってバイオフィルムという細菌の膜ができ、さらに細菌が増えやすい環境を作ってしまいます。

それらの細菌が繁殖した水を治療に使用すると、発熱などの症状を引き起こす可能性があり、院内感染を発生させる恐れもあるのです。

歯科によっては消毒液を注入し水を消毒できる物もありますが、それらの機能が備わったチェアは全ての歯科に設置されているわけではなく、多くの歯科がそれらの処置ができないものを使用しており、患者さんの健康に対するリスクが懸念されています。

 

それらの問題を解消するために開発されたのが歯科用ウォーターライン除菌装置「バイオ・プロテクター」です。

この「バイオ・プロテクター」は細菌から水ラインを守るために開発された装置で、酸化還元電位(ORP)の低下による除菌を可能にしました。水道水中に混入し増殖する細菌のほとんどは好気性細菌のためORP200~+800mVの範囲が生活圏のため、その範囲前後だと死滅するとされています。そのため、この装置によりチェア内の水がマイナス電位の還元水となるので、下流方向の排水内の細菌の増殖も抑制することができます。

「バイオ・プロテクター」を導入することで、より信頼のおける治療と衛星管理を患者にアピールすることもでき、タービンの詰まりや管内のヌメリ、そして治療水の生臭さなどを解消し、メンテナンス経費を減少します。また、ユニットを問わず歯科チェアに取り付けることが可能なため、除菌洗浄を行うことができなかった歯科チェアの改善にもなるのです。

 「バイオ・プロテクター」を導入し、院内感染のリスクを防ぎより清潔な設備で患者様の治療を行ってみてはいかがでしょうか。

Posted by 石井 義彦 on 2015/09/05 0:00:00

Find me on:

Topics: 歯科医療資材

マンガでわかる歯科医院のWEBサイトリニューアル
e-book01ダウンロード

メルマガ登録はこちら

各種お問い合わせ

お問い合わせフォーム   

セミナーお申し込みフォーム 

無料診断お申し込みフォーム

最近のコラム